ヘアーサロン テン 元麻布

麻布十番商店街history



 麻布十番商店街は300年以上の歴史があるといわれています。
麻布山善福寺の門前町、一の橋(①)や二の橋(②)が架かっている古川(③)を中心とした交通の要所で、馬市や馬場もあり、また、多くの大名屋敷や家臣の住まいもあり、早くから町人の町、庶民の町として作られたようです。
 麻布という地名の始まりは、阿佐市、阿座部という古い集落が始まりであったようです。
歴史に初めて記録が残されたのは永禄2年(1559)と言われています。その後、元禄時代(1688〜)ころから、『麻布』が使われるようになったようです。その訳は、この辺りで麻の布を作っていたようです。(⑪は六本木)
c0204289_112772.jpg

 また、十番の言われというと、江戸の町は何度かの大火の度に拡大し、延宝3年(1675)古川の工事に着手しますが、その改修工事の十番目の工区が麻布十番の名の由来と言われています。
古川が、大きく曲がる一の橋には、荷上げ場が設けられ商売の集積場としての役割を担うようになります。また、芝にあった、馬場の一の橋に移り十番馬場と呼ばれ馬市が立ち、取引が行われるようになり、馬方の宿屋や茶屋も出来始めます。これらの商売活動と古くからの麻布善福寺の門前町としての賑わいとあいまって十番商店街は発展してきました。

 このような地で、皆様とご縁があることを楽しみにしております。
[PR]
by hairsalon-ten | 2009-09-15 01:39 | laboratory