ヘアーサロン テン 元麻布

カテゴリ:laboratory( 25 )

講習会2

hairsalon Ten motoazabu
アシスタントの川村です

梅雨シーズンに入りました
とは言え快晴の日々が続いてますね
やっぱり皆さんは癖毛が気になる季節ですよね?
今回6/12のアライフ青木さんによる講習会は縮毛矯正です

まずくせ毛の原因は一番は遺伝です
両親や祖父母に似たような毛質がいる人が多いです。
これは先天的くせ毛と言います
ホルモンバランスの乱れや頭皮の栄養不足、頭皮の毛穴の詰まりは後天的くせ毛の原因とも言えます

今回はウィッグを使い色んな縮毛矯正の薬剤を使用しどれだけ伸びるか触り心地・見た目を試してみました!
まず1剤ですね
1剤は髪の結合を切る役割があります
塗布して時間を置き流して見た目を見ると少し薬剤によって違います
真っ直ぐになってたり…少しくせ毛が残ったり…
そこからドライヤーで適切な水分を残し
アイロンをかけ自然に伸ばします
伸ばすとそんなに変わらないです
伸ばし終わると次は2剤と言って結合を切ったのを再結合させて固定します
これも塗布して時間を置き流し乾かすと
見た目も触り心地も若干違いますね


薬剤によってクリームタイプやジェルタイプとありますが…お客様の髪質に合った
薬剤で施術していくので
くせ毛で悩んでる人は相談してください

以上
長文を見ていていただきましてありがとうございます!

[PR]
by hairsalon-ten | 2016-06-14 21:30 | laboratory

第一回パーマの講習

シェアしてるアライフの青木さんによる
パーマの講習会をしました!
今回は第一回目だったのでパーマの基礎
薬剤について詳しく教えてくれたので書きたいと思います!

まずパーマには
1液の還元剤と2液の酸化剤で再結合によってかかります!
還元剤とは…水素を得て酸素を失う作用
酸化剤とは…酸素を得て水素を失う作用
ということです
サロンで使用している薬剤には、チオグリコール.システアミン.スピエラの3種類あります!
チオグリコール:主な薬剤でウェーブ効率がいい作用があり危険性はないのですが匂いがします
システアミン:これも主な薬剤でウェーブは緩やかですが傷みやすいです!
単品ですと危険なので薄めて使います
スピエラ:酸性で還元力が強いのでシステアミンと混ぜて使います
ですがダメージが少ない為髪が傷みません
ウェーブもしっかりかかります

と、パーマには薬剤でかけるのと機械でかけるデジタルパーマがございます
薬剤:濡らしてる時はクルクルで乾かすとくせ毛風にナチュラルになります
デジタル:濡らしてる時は緩いのですが乾かすとキッチリとしてます

とTenに炭酸シャワーが導入されました
それについて少し説明します!
・水のph7に対して炭酸はph4・5前後の弱酸性
・アルカリ性を抑えて膨潤がしまり浸透圧で還元剤を取り除きます
・薬剤の臭いがとれます
それ以外でもカラーやパーマやらない人にもメリットがあります!
・頭皮の血行良くして小さなゴミなホコリを取り除くので綺麗になります
デメリットが無いのでオススメです!

ぜひTenにご来店の際は試してみてください!


[PR]
by hairsalon-ten | 2016-02-02 22:54 | laboratory

ヘッドスパ♪

先程頭皮の話をしましたが
そんな悩みを解決してくれるのが当店自慢のクリームバスヘッドスパです。


頭皮に専用のクリームをたっぷりと塗布しながらオリジナルマッサージで頭皮の血行促進をし頭皮環境を整えます!!また頭皮だけでなく髪の毛にもトリートメント作用があるので一石二鳥になっております♪

頭皮には無数のつぼが存在しておりあの手このてを使って様々なつぼを刺激し頭皮の重さをとったり眼精疲労にも効果的面でお客様には
頭が軽くなったや目が開くようになった、視界がひろがった、顔が上がったなどなどおほめの言葉をいただいております!!
このスパこれだけでは終わりません!!
頭がスッキリしたあとは首肩デコルテ部分の施術をいたします♪
何をするかと言いますと
ライスボールによる血行促進!
デコルテ部分のボールによるリンパマッサージ!!
そしてハンドによるマッサージと軽いストレッチをやらせていただきます。

ん、ライスボールってなんだと思った方が多いと思います・
これは専用の袋にお米をいれましてそれを温めリンパの流れに沿ってじっくり首肩腕を温めていきます!!
ほどよいお米のにおいと感触が体の疲れをとりながらポカポカに温めてくれます。味わったことのない体験ができますよ~

そのポカポカの状態のまま鎖骨したの中心部分から脇の上辺りにあるリンパの排出こうにハンドではなくぷにぷにのボールをほどよいテンションをかけながら転がして流していきます!!ハンドにはないボールによる絶妙な感覚がとても気持ちがいいのは言うまでもありません♪

そしてハンドによるマッサージ!!
首肩腕を丁寧にほぐしていきます!!
特に一押しなのが肩甲骨部分のマッサージです。大抵の人は仕事がらなど姿勢があまりよろしくないので肩甲骨がくっついてしまっていますので少しでも開くように丁寧に指圧をしていきます。普段は気にしないようなところなのでとてもスッキリすること間違いなしです♪
そうしましたらストレッチをやらせていただきます。
普段自分では伸ばせないところをいたくない程度に伸ばしていきます!!
思わずあ~といってしまうくらい気持ちがいいです♪

最後にしっかりと頭皮のクリームを流し内側と外側から補修するトリートメントをつけ
スパ後のお好きなお飲み物を飲んでいただき終了になります!!

長くなってしまいましたがこれだけ充実した内容で税込5184円でやらせていただきます!!
満足していたたけるよう全力で施術をさせていただきますので是非一度お試しください!!

風岡
[PR]
by hairsalon-ten | 2014-04-27 22:50 | laboratory

頭皮について

頭皮の色は数種類ございます。
一番健康的な頭皮は青白く透き通ったような色をしています!!
しかし日頃の生活習慣、ストレス、しっかり洗いきれてなかったりと原因は様々ですが色が変わってきてしまいます!!

段階としては青白い頭皮から黄色っぽい色に変わります!!
これは危険信号の始まりです。
先程いったようにこれはストレスや疲れによる血液の循環が悪くなり栄養がうまく行き渡らなくなってる状態と言えます。
さらに悪化しますと赤色の頭皮になってしまいます。
これは完全に炎症を起こしております!!
また血液の循環が良好でないため古い血がたまったままになり赤い発疹になっていたりもします!!

毛穴のつまりや頭皮の炎症は必ず抜け毛や薄毛の要因です。
ひとつの毛穴から髪の毛は数本ははえてますのでつまりや炎症によりその数が減っていたり髪の毛じたいが細くなっていってしまうのです!!
美しい髪は頭皮から!!
皆さま今日からでも頭皮をいたわっていきましょー!!
[PR]
by hairsalon-ten | 2014-04-27 22:15 | laboratory

ヘアケア製品

Tenが使用しているヘアケア製品(シャンプー、トリートメント、スタイリング剤等)について少しずつアップしていきます。

☆1(シャンプー)
※ベタイン系 高保湿シャンプー
天然成分の※ヘマチン、※ケラチン、※コラーゲンが毛髪のダメージを補修して、しなやかに保つ。潤い成分※リピジュア配合。
ハイダメージ毛、クセ毛、硬毛でまとまりづらい髪に効果的。


※ベタイン系
両性界面活性剤であり、汚れを洗い落とすマイナスのイオン(陰イオン、アニオン)と吸着、コーティングするプラスのイオン(陽イオン、カチオン)の両方を併せ持つ。
水によく溶け、洗浄力が強く泡立ちも良い。痛んだ髪を修復、補修している時は泡立ちが悪くなる。

※ヘマチン
動物の血液中のヘモグロビンから出来ている。
残留アルカリや活性酸素(酸素が変化した物質で癌等の現代病の原因)を強力に除去し、残留過酸化水素の悪影響をストップさせる効果がある。
水に濡れても損なわれない紫外線吸収作用を持ち、その結果パーマ時のウエーブ状態の向上、育毛促進、ハリコシやツヤ、ダメージの修復、保湿、地肌保護、脱臭効果など様々な効果がある。
白髪を黒髪に復元させる事もある。

※ケラチン
皮膚、爪、毛髪を構成する成分。20種類のアミノ酸が結合してできたタンパク質。
アミノ酸の組成により、毛や爪は硬ケラチン、皮膚の角質層等は軟ケラチンに分けられる。

※コラーゲン
毛髪を太くし、発毛力を高める。髪にツヤ、水分量が増える効果。
コラーゲンの合成にはビタミンCが必要不可欠。

※リピジュア
ヒアルロン酸よりも高い潤い成分を持つ。角質層の脂質と同じ構造なので肌にとても馴染み易い。
リピジュアの保湿効果はとても長続きし、通常の化粧品等は洗顔すると流れ落ちてしまうが、リピジュアの場合は洗顔しても肌に留まる。
[PR]
by hairsalon-ten | 2012-10-25 20:54 | laboratory

グラデーションボブ3

仕上げ段階の質感調整
(ウェット、ドライでベースカット後)

◎メモ
顔周り、フロントからサイド、バックへと前から順に、必要な所に削ぎを入れて仕上げていく。

重さが気になった時は、
厚みだけとりたい→エフェクトカット
束感を出しながら→スライドカット
で削っていく。
エフェクトは柔らかい質感を出しやすく、スライドは力強く束感が作れる。
髪にハネやすいクセがある場合は、スライドで削りすぎると、よりハネやすくなる場合があるので、その際はエフェクトで!
エフェクトを使う場合は、アウトラインになる毛を切らないようにする事と、一番上に重なる表面の毛は切らないように注意する。

スライドで束感を出したい時は、その前に納得する量感を作ってから束感を作る。

重たいからといって、必要以上に削ぎを入れた場合、本来重めに残しておくべきだった所に穴が空き過ぎて、光が入りスカスカに見えてしまう事があるので注意する。バックのセンター等は特に注意。

仕上がった段階で、ワックス等の整髪料を付けてみると、自分が予想していなかった質感や束感がでる事があるので、それを踏まえて、最終的な仕上げをしていく。
[PR]
by hairsalon-ten | 2012-06-21 17:22 | laboratory

グラデーション2

メモ
(フレキシブルから上)
コンシールドまでと同じように、バックのセンターから切り始める。
まず、暫定でコンシールドと繋げた45度のステム(ワンレングス)で切る。その後、ステムを上に引き上げて重たく残った角の毛を切ってグラデーションにしていく。

サイドまで切り進んでいき、(耳上部まで)その際に、バックのセンター側に集めて切れば急激な前下がり、1パネル毎にオーバーダイレクションさせれば緩やかな前下がりになるので目的とするカットラインに調整しながらカットする。


(仕上げ、ドライカット)
パッと見て、左右修正する場所を素早く一瞬で探す。(重さ等)

スライドで削いでいく前に、カットで修正していく。(重たい角をとったり等)
キレイにカットラインが繫がると、ツヤがでるので、重さだけではなくてそこも確認する。

髪がハネて暴れてしまうのは、カットラインがウマく繋がっていない証拠!大きくラインが崩れていたら、すかさず濡らしてウエットにしてから切りなおすこと。
[PR]
by hairsalon-ten | 2012-06-06 09:45 | laboratory

グラデーションボブ

メモ
まず大事なのは角度や映像が見えてるのが大事!
イヤートゥイヤーで分けとりヘムゾーンを二段に分ける。
このときしたのブロッキングの目安は耳裏の毛をとらないとこで分けとること。
センターからたて切り、90°に引き出してまずしたのアウトラインを決める!
もちろんループさせながらコーミングし90°に引き出したら挟んだまま自分の目指すアウトラインを指で作り頭皮に当てる!
アウトラインが決まったらその上の部分も同じようにコーミングしセンターはネープが絞れるのを意識した指の形で頭皮に当てて切る。目安は下で切った四角中のパネルの一番上の毛を目指して切る。
次左へムに進行。
45°前にスライスをとる。前下がりにしたいので一つ前のパネルに合わせて切る。このときも一回で切らずセンターのときと同じ様に切る。
両サイド切ったら上のヘムゾーンに行きます。
下と同じ様に耳裏まできる!!←重要!!耳裏まで間違えて切ると穴があいてしまうので要注意!
耳裏は縦スラで取り耳裏まで切った所に引き出して耳裏の上の毛をしっかり逃がして下のアウトラインの一番角の所に合わして指を当てて切る。上の毛を逃がしているから後ろに引いた分の前下がりのラインが出来る!
[PR]
by hairsalon-ten | 2012-04-19 22:48 | laboratory

内巻きパーマ

☆ブロッキング
へム2段
コンシールド
フレキシブル
ニュートラル
フロント

☆注意点、気付き
毛先を1回転半で巻く際にロッドの円周率が、そのままカールになるので、仕上がりのイメージをしっかり意識してゾーンごとのロッド設定をする。

もみあげ、襟足はパーマがかかりづらい事が多いので、あえて細めのロッド設定で弱めの薬剤を使用する事もある。

ロッドを巻く時は、アップステムになりすぎると仕上がった時に髪の毛が広がるので、髪の毛が落ちる位置でロッドを巻く事。
なお、ロッドを巻く本数が多ければ多い程、仕上がった時に髪の毛が暴れて広がる可能性が高くなるので注意する。

基本的に、へムゾーンからニュートラルへ上がって行くに従ってロッドの設定は大きめのロッドになっていくが、レイヤースタイル等の場合は同じロッド設定で巻く事もある。
[PR]
by hairsalon-ten | 2012-04-19 22:45 | laboratory

ブロッキング(縦切り)

前回に続き、今回は縦スライスのコーミングの基礎練習を行った。
基本的に二回のコーミングで引き出したい所に引き出す。

1、頭が上を向くニュートラルゾーンの、一番高い所を基準に両サイドをボックス状にコーミング。

2、一番高い毛を基準にバックのセンターからフレキシブルくらいのところまでを狙って直上に引き上げる。センターからスタートして、四十五度ずつみかんの房のように同じように引き出す。

3、一番高い毛をガイドにバックセンターからニュートラル、フレキシブル、コーンシールド、へムの順に各ゾーン九十度に引きだすコーミングをまたみかんの房のように引き出していく。

4、縦で引き出していたものをサイドからバイヤスにスライスをとっていく。上の方は、ほぼ縦のスライスになる。スライスもコームをあてて身体を動かせば自然と頭なりのスライスが取れる。

5、最後にサイドからセンターに向かって、顔面側にパネル一つ分オーバーダイレクションさせて引き出す。この際のコーミングはループさせる事。切った髪をチェックしていくイメージで。
[PR]
by hairsalon-ten | 2012-03-21 18:54 | laboratory